二人目育児生活「ひとりで二人お風呂に入れるもん♪」までの軌跡

こんにちは、カナです。
二人目育児、5ヶ月たち何となく生活ができてきました。

今回は二人目育児でまずはじめに行き詰まった風呂入れに関して書きたいと思います。

続きを読む →

子連れで WordCamp Kansai 2016 1日目 参加したよレポート【託児もつかったよ!】 #wck2016

こんにちは。カナ@育休中です。
流石に2人目となると、肩の力が抜けつつなんとか子育てしております。
もちろんまだまだなところもあるのです…けどね。

さて、本日WordCamp Kansai 2016に
授乳が必要な赤ちゃんと初のイベント参加いたしました。
子育て世代制作者の目線からレポートです。

参加の決め手は「託児アリ」の案内だった

今年のWordCamp Kansai 開催の話が耳に入ってきた時、
当然「今年も行けないかなぁ」が最初の感想でした。
出産後数ヶ月、授乳が必要な乳幼児がいる身分では、今回も参加見送りが妥当ですよね。
しかし、6月に入ってしばらく、この案内ですよ!


こちらは、乳児とすでに電車でのお出かけ数回こなしていた身でもあり、
こういう案内があったということは子連れ参加OKってことなんじゃないの?
ということで、赤ちゃん第一のスケジュールを組んで参加表明しました。

実は乳児さん、6ヶ月超えていないこと、寝ている時間がほとんどなので
現地につくまで抱っこにて対応の予定でした。

しかし空きがあるとのことなので、現地で聞いてみると・・・

快く預かってもらえました。
乳児さんは、保育士さんに散歩も昼寝もしてもらってにこにこ。
たくさん遊んでもらったようです。
おかげさまで、予定以上に長い時間滞在することができました。

授乳の必要な乳児とイベント参加

乳児さんにとっては、はじめての託児でしたので、預けてからしばらくは遠くから様子を観察。思った以上に保育士さんと仲良くやっているのを見届けてセッションに参加しました。

参加セッションをまとめました。
事前申し込みが必要なハンズオンは、子どもの様子がどうなるかわからなかったので、申し込みませんでした。


参加セッション

大規模メディアサイトに WordPress が選ばれる理由
(預けてすぐで最後少しだけ間に合った)
アンカンファレンス
(テンションあがりまくってゲスい話をしてしまった…反省)
サポーターズブースツアー
(おみやげいっぱいもらえた♡)
“正しい”テーマの作り方 これができたらテーマ作りの上級者
(難しかった、スライドで復習したい!)
わぷー 5周年 〜誕生から現在、未来〜
(わぷーもふもふでかわいいでぷー)
これからのCMSが向かっていく未来を考える
(これも難しかった)


休憩時間に合わせて託児スペースに顔をだし、保育士さんからお話を聞いて、適時授乳と乳児さんとのふれあいを行い、またセッションに参加、あいさつ回りをすることができました。
休憩中の授乳は計3回。4回伺ったけど1回は昼寝途中でした。

大学なので身障者用トイレ等があるだろう、申し訳ないけどそのあたりで授乳させてもらおうと予定していたのですが、会場に早々かわいい赤ちゃんベッドがある部屋を案内していただけました。


授乳室の存在は、子連れ外出の最重要ポイントで、それさえあれば大概のことはなんとかなるという安心感があります。
心置きなくイベントを楽しめたのは、託児と授乳、万全の用意に尽力された実行委員さまのおかげです、本当に頭が下がります。

産休中母にとってのイベント参加の意義

休暇から半年、復帰まで1年を切った今、今回の参加はとても意味のあるものでした。

来年の復帰までまだ期間があります。産休中なんだから、無理して外出しなくていいんじゃないの、という心の声との葛藤は最後までありました。

しかし、第一線から離れている今、やはり変化の早いこの業界の最前線が見えないのは、不安でしかありません。
普段は2児の育児、家事に追われ、制作者としての日常は遠い昔とも思えるような生活をしています。パソコンを開かない日もあります。
もう不安しかありません。

しかし、每日悶々と悩むなら、前線の話を聞いてスッキリした方がいいのです。
人に会って話をした方がいいのです。
知りたい欲・会いたい欲を抑えてぐずぐずするくらいなら、参加してスッキリした方がいいのです!

結果、本当にスッキリしました。
勉強にもなりました。
会いたかった人に会えました。
もっと制作したいと改めて思い直すことができました。

万全の準備をしていただいた実行委員さまがた、
うえのこをみながら送り出してくれた家族に最大の感謝を!!
本当にありがとうございました。

気持ちを入れ替えられたので、今日からかあちゃん、またがんばるよ!


明日、2日目も託児の空きがあるそうですよ!

万全の体制で信頼できる保育士さんが対応してくれます。
子連れの方ぜひ!!!
https://2016.kansai.wordcamp.org/child-corner/

ぞうのエルマーという絵本のこと

このエントリーはぞう Advent Calendar 2015、20日目の記事です。

ぞうのエルマーという絵本をご存知でしょうか。

エルマーは、ほかのぞうとは違ってパッチワーク柄のぞうです。柄だけが個性的なわけではなく、とっても明るい性格で他のゾウたちの中でのムードメーカー。そこにいるだけで楽しくなってしまうような愉快なやつです。

エルマーといえば、私達の世代では、教科書に出ていた「エルマーのぼうけん」のエルマーではないでしょうか。
このエルマーの冒険もとっても良作。年代は小学生の中学年から向けでしょうか。りゅうとお友達になるところとか胸熱の展開が待っていますよね。

で、エルマーといえば、「ぼうけん」のエルマーだった私。一足先に子育てにはいった友達と話すと、何か違和感が・・・。
そうなんです、幼児界ではエルマーといえば「ぞうのエルマー」。パッチワークのあいつ。大人気です。

例にもれず、むすめ(3)もぞうといえばエルマー。今年エルマーデビューしました。
エルマーのカラフルな色あいと絵本の中のどうぶつたちの世界に夢中です。

ぞうのエルマーはシリーズでその中でも娘は、エルマーとスーパーゾウマンという絵本がお気に入り。

スーパーゾウマンは結構気弱なやつで、そのギャップがわたしもお気に入り。
むすめは「スー(↑)パー(↑)ゾーウマン!!!」という言葉がお気に入りのよう。

内容を理解するのは難しかったのですが繰り返し見ることで少しずつ理解できているようですね。
興味を引く色合いと、内容のポジティブさが人気の秘密。
3歳児や4歳児のクリスマスプレゼントにもぴったりかと思います!

はつこいのはなし

たまたまわたしがおんなのこで
あなたがおとこのこだっただけのはなし。

たまたませきがおとなりだっただけ。

いつもうしろからおっかけてきて、いつのまにかなかよくなっていた。


ええ、今回は、恋話 Advent Calendar 2015の8日目。

気楽にかきたいと思います。
お察しですか?そう、むすめのはなしです。

「ゆうくんのおうちにいきたいのぉぉぉぉぉ」

って泣くんです。

ゆうくんは1歳児クラスで同じクラスになった男の子です。
お誕生日が近かったのでロッカーも食事の席もお隣になりました。

はじめは娘も他の友だちと遊びたくてつれなかったのですが、
ゆうくんが每日娘を遊びにさそうもんだから、
まんざらでもなくなっていつしか保育士さん公認のカップルに。

每日娘のうしろについて機嫌取りをしたゆうくん。この勇気見習いたいですね。

そして冒頭のお家に行きたいと泣いたのが今年の夏。
この時「ゆうくんついにやったぞ!!」母は心の中でガッツポーズしたと。

それから、現在。
ゆうくんの話はほとんど出なくなって、恋ゴコロなんてはかないのねーと思ってたのですが、
なんと昨日おたよりに二人が一緒に三輪車にのってキャッキャウフフしていたという情報を入手!!!

今朝は二人で仲良く中庭に消えていきました・・・。

なんとうらやま・・・
娘にとってはきっとこれが初恋なんだろうなーと背中を見送りながら、ゆうくんのお母さんに遊びの約束をとりつけたのでした。
せめて淡い思い出になればいいなぁと、様子を見守っています。

なにが言いたいかって、幼なじみとかまじ羨ましい!!!むすめですら!うらやましい!!!
私は恋話がだいすきですから、もっともっともっともっと!!!もっと恋話をください。

よろしくお願いします。

あなたの恋話は、こちらにどうぞ!
恋話 Advent Calendar 2015

子持ち主婦webデザイナー会社員@妊婦の今年を振り返るよ #childadvent

どうもカナです。12月ですね。寒くなってきましたね。
産休入る準備について書こうと思っていたのですが、いっそ
今年のまとめも兼ねたエントリを書かせていただきたいと思います。

この記事は「子育てプログラマ・ITエンジニア・Webデザイナー Part 2 Advent Calendar 2015」の
6日目です。
http://www.adventar.org/calendars/866

更にこちら「会社員 Advent Calendar 2015」にも登録しました。

妊活しました

実は年初から本格的な妊活を開始しました。
子どもを産んでから早めにもう一人授かれば良いなぁと思っていたのですが、一向に気配がないので今年は本気だすことにしました。

専門の病院を受診し、検査に次ぐ検査、原因がわからず、最終的には自己注射とかもしたんですけど、結局不明。
ちょっと休憩しようかというところで、偶然?授かることができました。

色々思うところがあるのですが、長くなるので割愛します。
ただ身体は前回の妊娠の時に比べて衰えてるんだなぁと実感せざるを得ない出来事でした。

生活環境の改善

妊娠しなかったこともあって、前半は無理していた生活を改善することにしました。
とにかく時間がないので、何でも時短、時間をつくってそのぶんゆったり暮らせるようにということを考えて生活を見直しました。

まずは、仕事とプライベートの線はきっちり分けること。
残業はできるだけしないとか、就業時間が終わったらすっぱり帰るとか、とにかくダラダラ仕事をしがちなのを是正する。
きちんとやりたいんだけど、すっぱり切ることにする。その日に「ここまではしたい」とかいう自分の気持ちをあきらめる。
自分の仕事の工数の見積もりを正確にして、時間をちゃんと確保する。
当たり前のことですが、チームの人たちにも迷惑をかけないために、徹底するようにしました。

その次はプライベート。
土日に偏っていた買い物時間を減らすため、遅ればせながら生協に加入。年末にルンバを購入。掃除や洗濯に忙殺されていた時間を確保しました。
更にカット野菜をはじめとする、半分できている料理を利用したりすることをよしと思うようにしたのも今年です。

勉強会の参加を一旦停止したのも今年です。
行きたい勉強会やセミナーがたくさんあるのですが、体調がすぐれないこともあり、泣く泣く見送っています。また万全になったら参加すればいいしと言い聞かせながらその時を待っています。
おなかが大きくなるまで登壇してた前回とはえらい違いですね。
やはり、妊娠は1回1回様子が違うものです。

こうやってできた時間を、子どもと向き合うこと、自分の睡眠時間にあてるようにすることで、身体が回復してきたような気がしています。無理をしすぎていたのかな。
気持ちもゆっくりしてきたので、これはこれで良かったと思います。

つわりと向き合う

今回つわりがすごかった。
具体的には、吐き気と倦怠感。すぐ疲れる。おなかがいたい…違和感というやつでしょうか。

妊活のときに少しずつ改善してきたので、時間に余裕が生まれている状態でした。
会社では、気持ち悪い時にはそっとしておいてもらう、横になることを許可いただきなんとかたえる。
自宅では夫や親たちの手を借りつつ、出来合いのものなどを利用してなんとかごはんを食べるようにする。掃除洗濯は無視する・・・という工夫で乗り切りました。
そうそう、上の子は、寝ながらおままごとしたり、抱っこ寝なんかで、しぶしぶ納得してもらいました。
こういうことをしている間に夫がたくさん子どもと関わるようになってくれて、嬉しく思っています。

妊娠発覚後すぐ発生したつわり、7ヶ月直前まで続きました。
少し長かったような気がするのですが、そんなもんでしょうか。
でも私としては本当に辛かった!!!つわりだけで3時間は話せます!!!

逆子と向き合う

1ヶ月前からどうも逆子だったことが前回の健診で明らかになりました!

逆子体操がんばっているんですけど、戻るかなぁ・・・。
抱っこ禁止令で、上の子大暴れ!!!

もう、これからわたしどうなっちゃうの〜?!

ということで、逆子を戻す方法を絶賛募集中です。

現在8ヶ月になっておりました。
産休に入るまでもう少し二足のわらじ、頑張りたいと思います!これからもどうぞよろしくお願いいたします。

子持ち主婦webデザイナーが会社員でよかったなぁと思うことをまとめたよ。

12月にしかブログをかかないカナです。1年ぶりです、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今日は、会社員 Advent Calendar 2015の1日目の記事です。
昨年のはこれ(私のおしごと)
※状況はほとんど変わってません。

上記の通り状況はほとんど変わっていないので割愛。
今回は、何を書こうかなーと考えたところ、「会社員をしていてよかったなぁ」と思うことを一児の母目線も踏まえてで書こうと思います。
余談ですが、一児+妊婦の目線では12月6日にここ、子育てプログラマ・ITエンジニア・Webデザイナー Part 2 Advent Calendar 2015でかくよ。予定だよ!

会社員のメリットって

社会的な各種保障をうけながら、オンオフの切り替えが容易にでき、安定した給与をいただいて働けること
だと私は思っています。
詳しく書いていきますね。

安定した給与の保証がある

働いたら働いたぶんだけ、お賃金がもらえます。
何か問題があって働けなくならない限り、給与は保障されるので長期の見通しが立てやすいですね。
何より気持ちに余裕ができるのではないでしょうか。

社会保障ががある

雇用保険を支払っているため、何らかの理由で働けなくなっても失業保険で最低限の収入が保証されます。
産休時(健康保険から)、育休時(雇用保険から)、それぞれ保証があります。
また、子どもを産んだあとの時短勤務制度の活用できます。
社会制度については、充分かどうかなど色々意見があるところだと思うのですが、それでも随分救われています。

社会的な信頼

家のローンだって組めるし、クレジットカードもつくれるし、便利なことがいっぱいあるよ!!!

得意なことでがんばれる

個人会社でないかぎり、チームで仕事をすることになることから、すべての仕事を自分でこなさなくても良くなります。
得意なデザインやコーディングをしているだけで、会社に貢献できるということは、すなわち、雑務が少なくなるということ。
苦手な営業は専門の人に任せることもできるし、仕事を回していくうえで必要となる経理や総務の知識がなくてもよいです。
自分のできることを一生懸命やることが貢献になる、得意な分野がある人には向いているかも知れません。

一児の母でもある私の働き方

社会保障を利用しつつ、得意なことで勝負しています

上の子が産まれ、復帰してから3年、保育所+時短を利用し、拘束時間いっぱいに働いてきました。
業務内容は、webデザイン、運用構築をメインにインフラ・サーバまわりを少し。
復帰してしばらくして慣れてきた頃に雑務を引き受け、業務のレベルもあげてきました。
納期の関係があってどうしても少し夜中に仕事をすることはありますが、拘束時間以外は仕事をすることはほとんどありません。ひと月のなかにあるか、ないか、ぐらいです。

同僚にも理解があり、非常に居心地がいい職場です。
もちろん、急に休まないといけないのときはもちろんあります。仕事内容によるのですが、同僚にフォローしてもらいつつ、自宅作業に切り替えることができるものは切り替えながらのお休みになることもあります。フォローしてくれる同僚には本当に感謝しています。

こういう職場に所属できたことが、私にとってとってもよかったなぁとじんわり実感しています。もう少し、がんばるぞ!

最後に、会社員であることのデメリットって?

会社員って時間と引き換えにお金をもらうことが大前提なので、拘束時間が発生することはさけられません。
拘束時間があるということが最大のデメリットだと思っています。
特に子育て中の身ですので、子どものために時間をとりたいと思っても拘束時間の関係でどうしてもせかしたり、時間に間に合わなくてイライラしたりすることもあります。
いらいらするのは本当によくないと思っているので、どうにかしたいんですが。

どういう仕事をして、どういう働き方が自分に合っているかは、状況によって変わっていくものですが、自分の働きやすい方法を見つければいいと思っているんです。
だから、今回のエントリーも会社員とかそうじゃないとかにこだわらず、その時にあった働き方を見つけるための判断の材料になればなーと思います。
どうもありがとうございました。

さて明日は、コンチさん(@maki_saki)のエントリです。
「ぼっちなりに今年社内でやった成果」
楽しみにしてます!

今年もお世話になりましたというお話。

こんばんは。カナです。
これがちゃんと今年中に公開できるかわかりませんが、頑張りたいと思います。

さて、大晦日です( ˘ω˘ )
今年のことを振り返ってみようかと思います。

本格的に仕事復帰の年

昨年より仕事復帰となっておりましたが、慣らし保育等もあり、
今年から感覚的にはフルタイムで働いている気持ちで取り組んでいました。
(実際は休憩ありの時短8時間勤務です。)

やはり仕事では理不尽なことも多く、今年は2013年13月からはじまるという大惨事。
新年のご挨拶は2月にさせていただきました。(→2014年のごあいさつ

最大に理不尽なのは年始だったんですが、やっぱり仕事のスケジュールが間に合わなくていらいらしたり、体力的にきつかったり、眠る時間をけずったりしました。
これはすこしまずいと反省しています。
比較的身体や仕事量が楽なときもありますから、先回りしてこなすことを考えていきたいと思います。

かなおしごとだぁいすき!

おしごとだいすきだけど、だいすきだからこそ継続するために「効率化」考えないといけませんね。

家事を放棄すること

家族には非常に申し訳ないのですが、家事を放棄することを覚えました。

今年は部屋の掃除はほとんどしていません。
レトルト食品もたくさん使いました。これでいいのかはわかりません。

これも仕事同様に考えないといけませんね。

再構築をすること

昨年末、ばっきばきに崩壊した家庭の問題を1年かけてやっぱりなんとかしてみようと思いました。もう少しがんばってみます。

来年には良い報告ができればと思います。

人とたくさん会いました

仕事復帰と同時に、少しづつ勉強会参加、誘われた飲み会等に参加することに成功しています。夫とおばあちゃん達のおかげです。誘われた会に関しては、なるべく参加するようにしています。

7月には久しぶりに登壇させていただきました。
夏のJAWS-UG 三都物語 2014に参加、登壇しました。ついでに登壇初心者の心理などについてまとめました。

めっちゃあわあわしましたが、結果楽しかったですね。登壇は自分自身のためってこのことやったんや( ˘ω˘ )
また機会があれば是非ともよろしくお願い致します。

お酒もおしゃべりもやっぱり大好きです。いつも元気をわけてもらえるので、引き続き無理がない限り参加していきたいので、誘ってくださいね。

 2014年まとめると

悩み多く。ぐじぐじうだうだ大人げない愚痴をいっぱい言っていたな、と思います。
その度、いろんな方に励まして頂きました。

自分の選んだ道だから後悔のないようにしたい。

1年かかってここまでたどり着きました。
ここまでこれたのは、周りの人に支えられてのことだと思います。
来年は、この感謝をもとに、力強く自分の道をつかみとるような1年にしたいです。
大人らしく、しなやかに颯爽と身をこなせる人間になりたいです。

こんな私ですが、来年も本年と同様どうぞよろしくお願いします。


来年の目標ツイートを貼っておこうと思います。

髪の毛を自分で切っていたころもありましたねっていう話

こんにちは、カナです。
今回もちょっぴり節約術 Advent Calendar 2014で15日目の記事です。
遅刻しましたが提出します。

これ、二人暮らしの極貧の時の話ですので・・・。

自分の髪をと主人の髪、二人分、毎月切っていました。
もうね、まじしんどかった。
でも、1回最低でも2000円を浮かせるには良かったのよ。

でもなんか上手になったし、娘の毛を切るのに役だっているからいいとおもう( ˘ω˘ )

私のおしごと

この記事は、会社員 Advent Calendar 2014の15日目の記事です。
前日は、茶鏡さんの自分でもよくわかってない私の仕事についてです。

こんにちは。カナです。
フリーランスのアドベントカレンダーをみて羨ましくて作った、会社員のアドベントカレンダーも15日目。
みなさま、每日かいていただいて本当に嬉しく思っております。

今日は私の番です。
私のおしごとについて、書き散らかしますね。
001
フリーランスカレンダーを含めて色々見させてもらって画像を作りました。余ったスペースには今年書き散らかした美少女のイラストを載せたていますので、ふむふむと見ていてくださいませ。

個人的には、どこでもカナと名乗っております。苗字は飾りだと思っています。
ウェブデザイナーという肩書がだそうで、少なくとも名刺にはそう書いています。

新卒でネットワークエンジニアを2年やったあと、スクールを経て2010年にウェブの世界に入りました。そこから1度転職して現職が2社目です。
転職に関しては、この辺り(私に働きつづける自信と環境をくれた、WordPressの話)に熱く書いているのでまた見てもらえれば嬉しいです。

プライベートでは結婚7年目、母2年…あっ、来年は桃栗3年柿8年みたいになるね!

カナのおしごと?

おしごとの内容としては、webの更新(に関わる見積もり等の庶務含む)が6割、WordPressなどの構築・コーディングが2割、純粋なデザインは1割、情シス業務が1割です。
(12/16:合計11割になってるよーとの指摘を受けて訂正しました。11割くらい働いてるとは思いますが…)

ほかのデザイナーさんではなかなかないことだと思うのですが、1社目のお仕事からのご縁で、社内のネットワーク・サーバーの管理を、ウェブデザイナーとしての制作業務とは別に仰せつかっています。

この業務はほかの人と私の差別化であり、強みであり、支えでもあります。

会社員を選択している理由

この業界にいると、あえて会社員をしなくても生きていけるようにも思います。
フリーランスで働いている同年代の方、同業の方が沢山いるなかで、私は明確に会社員を選択しています。

まずは、わたしのスキルについての問題です。
現状の私のスキルはどれも中途半端で、デザインが得意なわけでなければ、コードがばりばり書けるわけでもありません。一人で案件を終了できる力については、明らかに不足しています。営業も得意ではありません。

ただ、少しだけインフラの経験があること、イラストテイストのページ等が得意で、(うぬぼれかもしれませんが、)デザインもコードも、提案や雑務含めてまんべんなくなんでもできるスキル配分がチーム制作に向いていると思っています。

なので、制作会社の担当としてお客様の会社のホームページを任せていただき、ご提案から納品・運用までよりそうことに適性があるし、そういう仕事を每日楽しんでさせていただいています。

社会的な信頼と保証も捨てておけませんね。今2歳の子を産んだ時の産休育休の保障に金銭的にも精神的にも救われました。失業保険だってある会社員としての立場を手放すのは厳しいのが現状です。

 母業との両立について

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、産前は終電まで働くことが日常でした。
いよいよ、子を預けて復帰となった時、以前のように仕事をできなくなった私を継続して雇ってもらうことができるのか、パフォーマンスを発揮できるのか、とネガティブに思うことも多かったです。
仕事を再開して2年半たった今でも、長時間勤務ができない私の居場所がないと感じることは実際にはあります。

幸いにも、私には社内ネットワーク・サーバ管理という重要な役割がありました。これが支えになっているのです。
これから、産休に入り戻るときに何か引け目を感じる、と思う人は、会社の中で「自分にしかできないこと」をつくっておくと精神衛生上よろしいかもしれません。

002以前にもかいたことがあるかもしれませんが、理想的な一日の図はこちら。
※娘は私のことを「おかーしゃん」と呼びます。まじかわいいまじ天使。

仕事自体は、9:30〜17:30の時短勤務を認めてもらっています。
その代わり残業をしなければ終わらない仕事がある場合は、申請の上お持ち帰り。あまり量がない場合は朝にやりますが、2時間以上かかる場合は夜のおしごととなり、寝落ちから圧倒的な精神力で復帰します。
言わずもがな、睡眠を削ります。

たった3時間をたいせつにすること

子どもと向き合える時間は夕方のたった3時間しかありません。

食事の準備・洗濯物…どうしてもながらになってしまうのですが、こどもと真剣に向き合って、沢山ふれあい、会話をしていきたいと思っています。

どうしても無理なときは家事をやめる

社会人として仕事をこなすこと、母として子どもと向き合うのを優先するとどうしてもとりこぼしがでてきます。
そんなときはいっそ家事をやめることを学びました。

おばあちゃんに頼むか、食事以外の家事を放棄します。
幸いにも2人のおばあちゃんは健康で、いつでも好意を受けれる状態ですので、
そこまで家が荒れることはありません。本当にありがたいし恵まれていると思います。

どうしてものとき、次は仕事を切ります

例えば、子の風邪の時、感染症で登所不可の時、おばあちゃんの手がかりれないときは、ほとんど私が会社を休みます。

その時だけは、リモート勤務。(物理的な環境は自分で整えました。)
とはいっても、メールだけを取得して緊急性の高いものだけ合間に対応することにしていますが、ほとんど仕事という仕事ができません。在宅勤務難しすぎます!ほんとおうちで仕事をしている方すごいなと思います。

会社に迷惑をかけることができないので、まとめて子が寝た時にぐわーっとやる。自分のごはん睡眠は最後。こんなに追い詰めてどうするのと泣けてきます。
每日ノートPC持ち運びするのも重いしね。

そこまでして会社員にこだわるの

ぶっちゃけ、身体はめちゃくちゃしんどい。こんなに仕事と家事をつめこんで、子どもを保育所にあずけて、なんでこんなに?なんで?っていつも思ってます。

なんででしょう。仕事をやめたらこの先怖い?自分の肯定の場がない?
よくわかりませんが漠然とした不安があります。

なんでだろう、本当にこれでいいの?といつも思っています。

子どもがたまに不安定になった時、どうすればいいのだろうとおろおろしてしまいます。こんなとき、ほかのお母さん先輩方はどうしているの?

とはいえおしごとは大好きです

はじめてパソコンに触れた高校生の頃からホームページからはじまるウェブの世界がが大好きでした。
なんともなく、ホームページを作って壊しつくってはこわして、今ここにいます。

私の好きなことで、お金をもらって生活の糧にできている。私の幸せであり喜びです。

とっても幸せです

大好きな仕事をもち、子宝に恵まれ、仕事と家庭をサポートしてもらえる状況で生きていることがとっても幸せで申し訳ないくらいです。

たまに、一人で出かけさせてもらえるのもサポートがあればこそ。そして出かけた先で一緒に遊んでくれる、友達がいてくれることも幸せです。

自分の状況はとってもすばらしくて、ありがたくて、感謝してもしきれないんです。
本当にラッキーだったとも思います。
こういう状況に置いてくれたのは、子どもの力が凄く大きいと実感しています。

今は、子どもの成長に合わせて自分の立ち位置を変えることが全てだと思っています。授かった宝を第一に考えて、これからも生きていきたいです。

おしまい。

明日はmellowchanterさんです。「今までの振り返り」ということでたのしみですね。

 

家計の圧縮に必要なこと、固定費を削減することについて

こんにちは、カナです。
今回もちょっぴり節約術 Advent Calendar 2014で14日目の記事です。
連投にて失礼します。

前回は無駄遣いをしないことについて書いたんですが、
宝石とかなんやらを買わない限り、つまりちょっとした雑貨なんかを買っているうちは、家計の圧縮率についてはそんなに変わらないのではないでしょうか。

なので、私共は、下記の通り、固定費を定期的に見なおしております。

  1. 通信費の見直し
    これが現状一番大きいと思います。
    プロバイダの見直し、携帯電話の契約見直し等です。
    これをしているので、携帯電話の番号が2年に1回変わります。すみません、連絡はGmail等にお願いします。
  2. 保険の見直し
    夫の会社より毎年保険のご案内がくるので、このタイミングで考えています。
    本当にいるのか、もし、病気や事故にあったらどうするのか、どういうお金の使いかたをするのか。そんなことを話して決めています。
  3. 家賃の見直し
    今は持ち家なのですが、賃貸で暮らしていた時は、定期的に家賃交渉したり、同レベルの賃貸の価格を調査していました。
    毎月払うものだから1000円変わるだけで、えらい差になってしまいます。

以上のようなものです。

固定費の圧縮は、大きな節約になりますから、みなさまにおかれましても考えてみてはいかがでしょうか。